TOP お問い合わせ サイトマップ
メニュー
真理について
" 恩知らず " と " 恨み " のカルマは個人と国家を滅ぼす
まだ間に合う"溺愛解消"
思考回路とその成長
泣く子はよく育つ
思考回路を発達つせる教育方法
・心のプレート
・真理のQ&A


まだ間に合う"溺愛解消"
メッセージ「親の使命」「親の使命2」や「思考回路と成長」でもお話させて頂きました恐ろしい ” 溺愛 " のお話ですが、
もう間に合わない、どうしたら良いの?
と思われた方もいらっしゃるでしょう。

ご安心ください。今からでも遅くないのです。

自分自身の溺愛カルマに気づいたなら、溺愛解消のスタートです。

今回は、溺愛カルマの解消方法、溺愛のカルマチップを変換し、魂の組み込みの秘策をお話させて頂きます。
(以下、現HPと同様ですが、キャラクターを背広姿に変更して下さい)

溺愛解消の極意は、思考回路アミューズメントをきっちり作ることです。
これが魂をより効率的に進化させる秘策なのです。

運命を変える思考回路アミューズメント は、 魂のある次元の2次元奥 に設置することで時間の制約を受けなくなります。
これはアミューズメントを速やかに成長させる事を可能にします。
時間の制約を受けないという点が、50歳、80歳でも遅くありませんと言った理由です。



人間が進化成長するということは、魂の中に、 魂の部品であるカルマチップ が如何に組込まれていくかと言うことなのです。

人間に不完全な要素があると言うことは、魂の中の本来あるべき部品が不十分である、あるいは欠けているということなのです。
普通の人生80年の歳月で、魂全体の5%を組込めれば上出来と考えられます。

しかし転生を繰り返しながら、魂の大きさも成長していくため、単純計算で完成されるわけではありません。
実際は、転生しながらカルマチップが埋め込まれることに伴い、魂も大きくなっていくと考えて下さい。
魂の80%が組込まれた時点で、魂全体の枠組みがさらに大きくなる仕掛けになっています。
100転生で大きさが100倍に成長すれば大成功と言われています。
一概には言えませんが、魂が大きくなるにしたがって、人間の器が大きくなっていくと言われています。

人によって千差万別、性格も才能もピンからキリまで、誰一人として魂の部品(要素)の内容が同じものがないということで、性格の多様性であるとか、面白さであるとか、得意分野の違いが出来てくるのです。
魂には大きさの違いもあり、役割の違いが一人一人異なることによって、その魂の設計図の違いが生まれてきます。

完成途上にいる我々は、当然魂は穴だらけの様相を呈していると思って下さい。
そこを適材適所のカルマチップで速やかに埋めていくことが出来たならば、魂の完成度も性能も数段アップしてくるのが当然と言えるでしょう。
これをよりスピーディーに行うための重要な要素として、思考回路アミューズメントというものが発明されたのです。

しかし今までこの存在すら知らないまま人生を送ってきたのが、現在までの人類と言えるでしょう。
この性質と扱い方を的確に知ることによって、魂の性能は格段に向上して行くものなのです。

人間の発明した道具というものは必要に応じて様々なものが現実の世界に使われるようになって来ました。
その道具も使い方を知ってこそ初めて、その目的を正確かつ速やかに達することができるのです。
思考回路アミューズメントも、その扱い方によって、未だかつて見られなかったスピードで、魂の発達を急速に進めることが可能になるのです。


運命を変える思考回路アミューズメント(成長の木)を実感できる秘策

思考回路アミューズメント(成長の木)をきっちり作る方法とご注意を説明します。
以下に掲げます3つの「への祈り」を実践して下さい。

祈りは、宗教のためだけにあるのではありません。
祈りとは、自分の思いを電波のようにして、深く遠くに飛ばす手法なのです。

祈りには15の条件があり、これを満たしていないものは何を願っても
無駄に終わることが多いのですが、思考回路アミューズメント作りに関しては、祈りを使ってお願いしても良いことになっています。
※祈りの条件については、別の機会にお話させて頂きます。



1「 アミューズメントを速やかに育てるための感謝の祈り 」
    
いま私は魂をお作り下さった偉大な神様へお願い申し上げます
私の魂が速やかに成長できますように
思考回路アミューズメントの速やかなる成長を期待するものであります
思考回路アミューズメントが滞りなく見事に成長できますように
多大なるエネルギーの導きをお願い致します
このエネルギーが頂けることを心から感謝申し上げます
ありがとうございます

※ 感謝できるということは、人間が人間らしくあるための第一歩であり、百歩でもあります。
神様に対する感謝は、とてつもないエネルギーを生じさせ、カルマの変換に活用することが可能なのです。
これは魂や思考回路アミューズメントを発明して頂いた神様へ感謝する祈りです。


2  「 魂の成長の祈り 」

魂の骨格にも相当する思考回路アミューズメントの大活躍を期待しながら
その偉大な働きに呼応して魂の発達がスムーズに行われますように
今必要なカルマチップの変換と組み込みが滞りなくスピーディーに行われますことを心から望み申し上げます。
※ 成長の祈りを行う事で、カルマチップの変換と組み込みが容易になり、かつ早くなります。


3 「 エネルギーバランスを調整する約束の祈り 」

神 完全 理想 変更 変換 調節をお願いいたします
※ 変換に伴い、魂と肉体のエネルギーバランスが微妙に変化するため、このバランスを再調整することで精神と肉体の安定を図るための祈りです。
※ この短い言葉をよく覚えておくと、精神や体調を即座に整えたいとき、大変な力を発揮することになります。

1〜3の祈りは、3つで1セットです。
途中でやめないでくださいね。




ここで注意しなければならないことがあります。

この祈りは、他人のために祈っても効果はあります。
しかし自分以外の人のために祈った場合、その人の変換によって使われたカルマチップ全体の3%を自分自身が引き取らなければならないという法則があります。

これは「カルマチップ3%引き取りの法則」と言います。

引き取ることで、自分自身のカルマ量を一挙に増やすことにもなります。
人の持つカルマチップ量は、見かけではわかりません。
たとえ3%といっても、とてつもない量のカルマチップを頂くことになりかねません。
その人の持っている病気や症状が、自分の肉体に現れるといった事になることがありますので、注意が必要です。

この祈りは、基本的には自分自身のために行うことをお奨めします。
また祈り読むことができない小さなお子さんのために、代わりに祈ってあげることも良いと思います。
この場合は、子供のための祈り→自分のための祈りといった順番でやって下さい。
カルマチップ引き取り法則の対策として、「感謝によるエネルギー生産法」も忘れず実践して下さい。

子供のための祈り

自分のための祈り

感謝によるエネルギー生産

この順番です。


一度の祈りで解消できる量は、人によって異なります。
大量のカルマチップを持っている場合は、何度も繰り返すことが必要となるでしょう。
自分自身の持つカルマチップ量がどのくらいあるのか?気になるところだと思いますが、これは個人差が大きく、推測が出来ません。( この法則は、ここに上げました祈りに限らず、他人への変換行為に対して、知っているかいないかに関わらず、誰にでも平等に適用されます。治療家をされていて、カルマチップを引き取って処理しきれない場合は、引き取った人と同じ病気になることがあります。)



溺愛を解消するには
まず 思考回路アミューズメント と溺愛カルマの性質(カルマチップ)を理解するところが始まりです。
  
そしてこのアミューズメントをしっかり作るための秘策、「神様への祈り」を実践して下さい。
「感謝によるエネルギー生産法」も日々、実践されることをお勧めします。


エネルギーが入ってくると、熱く感じたりします。
実践されて、身体が熱く感じたりしませんか?
思考回路アミューズメントができ、変換がスムーズに行われると、エネルギー循環も活発になります。

この祈りによって、今まで解消できていなかったカルマチップが変換されると
すっきり爽やかな気持ちになる
許せなかった人を許せる気持ちになる
やる気が出てくる
元気になる
体が暖かくなる
体が軽くなる
優しい気持ちになる
痛みの箇所が薄れたり消えたりする
(子供に祈ると)子供の考えがしっかりしてくる
上記のような変化に気づかれると思います。

なかなか感じられない人は、カルマチップ量が多いことが考えられます。
繰り返し、祈りを続けてみて下さい。



それでも、どうにも手に負えないと思われたら、カルマ量がとてつもなく多いのかもしれません。
その場合は、私にご相談下さい。

申し訳ありませんが、まずはメールでのみ受付けさせて頂きます。

【溺愛解消のご相談】
※クリックでメールフォームが開きます。


・お問い合わせ内容に「溺愛解消のご相談」と明記してください。
・溺愛に関わると思われるご相談内容を記載の上、メールフォームより送信してください。
・内容により、個人相談のご案内をお知らせさせて頂きます。
・返信に時間がかかる場合もございますので、ご了承ください。
(3〜4日経過し、返信が無い場合はアドレスの誤記も考えられます。お手数ですが再度送信をお願いします)
・送信頂きましたアドレスは、当サイトよりのご案内のみに使用させて頂きます。あらかじめご了承頂けますようお願いします。