TOP お問い合わせ サイトマップ
真理のQ&A
◆入澤先生がいう神さまはどんな存在ですか?
◆地球の歴史はどうなっていますか?
◆人類の輪廻転生はどのくらいですか?
◆カルマ、カルマチップって何ですか?
◆カルマの量はどのくらいあるのでしょうか?
◆先生がいうエネルギーとは何ですか?
ご質問はこちらまでお寄せ下さい。
先生がいうエネルギーとは何ですか?
人間は8種類のものから得られるエネルギーによって生かされています。


  1. 食べ物から得られるエネルギー。

  2. カルマチップが変換されるときに生産されるエネルギー。またカルマチップを溶かし、貯蔵し、必要に応じて取り出して使うエネルギー。

  3. 睡眠エネルギーといって、睡眠時に神の用意した睡眠エネルギープールから流れ込んだり、そこに浸かって直接吸収できるエネルギー。

  4. 心といわれる意識の集合体が「やる気」「感動」「感謝」「時に怒り」など心の作用によって流れ込むエネルギー

  5. 活発な心のマッサージである「笑い」や「泣くこと」で作られ、同時に流れ込むエネルギー。

  6. 他人を喜ばすことで流れ込むエネルギー。

  7. 関節を動かしたときに作られるエネルギー。

  8. 可愛いと言う思いが発生したときに作られるエネルギー。



これらは目に見えませんが液体として魂の中エネルギータンクに貯蔵されます。
魂にあるエネルギータンクは、次元を変えることで無限大の貯蔵量が可能になります。
自分で意識しなくても、このタンクは自動的に次元を変え、貯蔵量を増やすシステムになっています。

これらのエネルギーを私は「徳液」(※食べ物からのエネルギーを除く)と呼んでいますが、特に最大のエネルギーを得られるのが「感謝」によるものです。

神の巨大なエネルギープールと各個人の魂のエネルギータンクはパイプでつながっていますが、普段は外れた状態になっています。
そして感謝したとき、そのパイプは直結され、大量のエネルギーが流れ込み、そのエネルギーは貯蔵タンクに蓄えられることになっています。
一度直結されたエネルギーパイプは、約5時間で外れます。

神を信じないとエネルギータンクに流れ込まないといえばそうではないのですが、人や自然や神に対して心から感謝をした場合には、感謝を全く持たないときのおよそ数千兆倍以上の差が出ます。

よく使われる言葉で「人は神に生かされている」という認識を持っている人は、本能的に知っているのではないのでしょうか?

神は「感謝」によって巨大なエネルギーを作るシステムを人間に提供されましたが、「崇める」「拝む」などで提供するシステムはつくられていないようです。

巨大なエネルギーを生む「感謝」はこちら