TOP お問い合わせ サイトマップ
メッセージ一覧
19 【問題解決への判断基準とすべきポイント】
18 【目標は書き出してこそ実現する】
17 【なぜ経済危機は起こるのか?】
16 【劣等感がもたらす効果】
15 【愛の成長を阻害するベスト5】
14 【成長する愛】
13 【責任感を成長させる15の方法】
12 【成功への体質改善】
11 【気付きと挑戦意欲は強さを作る秘訣】
10 【夢の実現】
09 【長続きする友情の心構え】
08 【幸せの本質】
07 【幸不幸で考えると人生を見失う】
06 【自立心とおむつ】
05 【初夢】
04 【親の使命2】
03 【親の使命】
02 【嫉妬心】
01 【強さと魅力】

12 【責任感が信頼を生み、成功体質を作る 「成功への体質改善」】
今回は、責任と信頼についてお話させて頂きます。
皆さんは「責任」と聞くと、押し付けられたり、背負わされたり、足かせを付けられたような不愉快なイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

責任のあることや責任ある立場は避けたいとか、
できれば触りたく無いという嫌われる一面も確かにありますが…

実は、人間が最も力強く、確かな手応えで生きていくための最大のポイントであり、夢と希望を実現させていくための必須条件となっています。


責任感が強くなってくると、「面倒くさい…」という思いも陰を潜めるようになってきます。
そして責任感の強い人は、必ず多くの人から信頼を得るという法則があります。
また責任感は、優れた判断力の生みの親でもあるのです。

責任感は
1 力強く、確かな手応えの人生を築く
2 夢と希望を実現させる必須条件
3 多くの信頼を得る
4 優れた判断力の生みの親

こうしてみると、「責任感」への偏見は薄れてきましたか?
まだまだあります。

責任感という意識は、成長する性質を持っています。
これは夢や希望と結びついて、地に足を付けたところの現実を動かすパワーになってきます。
また的確な未来予測や、危険回避能力を併せ持つ意識形態に成長するようになります。

例えよく見えたとしても、何故か危険な感じや、嫌な感じがしたり、
何かわからないが恐怖に近い感情がわき起こったり、
どうしても二の足を踏むような感情が出てくると言ったものです。

これは超能力?のような感もありますが、責任感という意識の発達による独特な意識進化と言えます。

企業のトップや指導者という立場の人が、十分に発達した責任感を持ち合わせていないと、危機を回避できず破綻を招くことにもなりかねません。

世の中には、なぜか成功していく人と、何をやっても失敗する人がいます。
その本質的な差がどこにあるのでしょうか?

それは責任と信頼が大きく関与してきます。

責任感という意識は、丹田と言われるところ(下腹部)の位置にあり、成長とともに強烈な光を放ち、周囲に信頼感を感じさせる波動を放射して行きます。

責任感の発達は、周囲の人への信頼感を高め、信頼できる人間関係を築いて行くことになります。
「信頼共鳴の法則」といって、ますます信頼できる人を引きつけることにもなるのです。

成功へ導く体質とは、責任感から生まれる信頼関係を築くことなのです。

そして高い信頼関係が生まれてこそ、真の成功につながるのです。

責任感や信頼感は、強大なエネルギーを生みます。
このエネルギーには密度があり、エネルギー密度の高さが成し遂げる質の高さとなるのです。


<エネルギー密度と成し遂げる質の関係>

責任感×情熱×時間×向上意欲×努力
     =成し遂げる質の高さ(高エネルギー密度)

無責任×情熱無し×時間の無駄遣い×横着
     =全てが粗悪(低エネルギー密度、失敗率99%)

責任感なしに良い結果を生むことは不可能であると言ってよいでしょう。

エネルギー密度の高い集団を作れること、これが会社であれば失敗の少ない優秀な会社を作ることになります。



責任感、信頼感は人間がより良く生きるための、まさに財宝と言えます。
ただ忌み嫌うものではないことを良く理解すべきなのです。


責任のあるところに夢と希望が生まれ
責任の無いところに不満と悲劇が生じ
責任を果たすところに多くの感動が生まれる