TOP
TOP お問い合わせ サイトマップ
メッセージ 真理 Q&A 心のプレート ソウルランティスとは
エネルギー生産法メニュー
感謝によるエネルギー生産法
神様への感謝
感謝のエネルギーの生産方法

・すぐ疲れるとき、やる気が落ちてきたとき、元気でいたいとき

・体に痛みがあるとき、ツライとき、苦しいとき

・ここ一番頑張りたいとき、集中したいとき

・もっとアイデアがほしいとき

・苦手な人と会わなければならないとき

「感謝」によるエネルギー生産が最も有効です。初めのうちは2回読んでみてください。
確実にエネルギーが生産されます。
Q&Aにも説明しましたが、ジョイントされる有効時間は5時間です。

魂が大きくなればなるほど、ジョイントするパイプの太さや本数も増えてきます。
人によってエネルギー量の違いがあるわけですが…。

一日に何度やっても副作用は全く無し、元気になるだけです。
是非おためし下さい。

辛い時、苦しい時、痛みのある時など、中々「感謝」が出来ないものです。
ですからこそ普段から「感謝」に慣れておくことが大事です。
神様への感謝
人間は8種類のものから得られるエネルギーによって生かされています。

特に感謝は、人間に必要な莫大なエネルギーを作ります。

感謝で作るエネルギーの中でも「神への感謝」によって作られるエネルギーが全体の85%〜90%、
「生んでくれた親」「育ててくれた親(人)への感謝」によって作られるエネルギーが8%に相当します。

感謝の対象が「神様」と「生んでくれた育ててくれた親」だけで、全体の93%〜98%が
生産される仕組みになっているのです。

人間が感謝で神とエネルギーパイプをつなぐとき、大量のエネルギーだけでなく、大量の神の知恵も流れ込む事になっています。これが神が人間に約束した契約なのです。

感謝の対象、方向性を間違うと、大量のエネルギーは作れないのです。
莫大なエネルギーを作る対象である「神様」の認識を間違っても、エネルギーを作る事はでません。

「神様」とは、空気、水、土、太陽、動植物を造り、次元と時を造り、化学反応の法則を造り、肉体を造り、命を造り、魂を造り、進化する心を造り、特に人間には多くの学習する機能を与え、進化する喜びを本能として組込み、無限に発展する愛情を与え、人々が生きていくための環境の一切を造られた方の事を言います。

過去の人類の歴史を見ると、文明が滅んだ最大の理由に、人間のエネルギー枯渇があげられます。
それは感謝の対象を間違えて、エネルギーを作る事ができなくなった結果と言えます。
エネルギーが枯渇すると、やる気が出ない、情熱が長続きしない、常に眠い、集中できない、アイデアが出ない、疲れやすい、抗体が弱くなり病原菌に感染しやすくなる、商売が上手く行かない、人気が無くなる、人間関係がダメになりやすい、老化現象が早くなる、など肉体的にも精神的にも数々の問題や障害が起こってくるのです。


感謝で作るエネルギーの重要なポイントは、神様に対する認識のありかたなのです。
感謝の対象である神様の認識を間違えないで下さいね。


この感謝を実践し、エネルギーが作られることを実感してみてください。 
疲れているとき、元気が出ないとき、仕事でもうひと頑張りしたいときなどは、実感しやすいと思います。


神様への感謝

空気、水、土、太陽、動植物を造り、時を造り、化学変化の法則を造り、肉体を造り、魂を造り、進化する心を造り、人々が生きていくための環境の一切を造られた天地創造の神様に心より感謝申し上げます。
ありがとうございます。